迷いを打ち消すポイントについて

>

両親の意見も参考にする

シングル家庭の場合

母親もしくは父親のみのシングル家庭が最近では多くなってきています。
日本においてシングル家庭と言うのは年々増加傾向にあり、ますます経済状況を悪化させる原因にもなっています。
特に、母親が子供を引き取って育てている場合で他にも子供がいる状況だと中々条件の良い仕事に就く事は難しい事もあります。

それに、母親自身の学歴によっても給料や待遇面が大きく変わってしまうのです。
どうしても女性は子供がいたりすると仕事をする時間が制限されてしまう事が多いと思います。
きちんと養育費としてお金を貰っている所もあれば、何もお金の保障はされていない家庭も多いのです。

そうなると子供は進学か就職かを迷ってしまうようになります。
今ではシングル家庭を支援する基金もあったり、奨学金制度や特待生度も様々なランクがあるそうなのでどちらが自分にとって良いのかを判断するポイントになるそうです。

両親がいないもしくは病気の場合

親を不慮の事故で亡くしてしまって身内もいない子も多いです。
両親の内どちらか片親を事故で亡くしてしまった場合にも、子供は大きくなって自分の進路を決める時に迷いが生じてしまう事が多いと言われています。
そのような心情になるのは、やはり経済的な負担を考えての事ではないかと思います。

自分の中では進学したい気持ちがあるのに、経済的な事を考慮すれば就職するべきと考えて無理に就職して後悔してしまう子もいます。
それから、親が病気で倒れて医療費がとてもかかりどうしても自分の事にまでお金を出す事が出来ない場合にも、無理に就職をして失敗してしまうケースもあります。
心と体のバランスが崩れてしまい、自分の気持ちが社会に適応しない為に不安に押しつぶされてしまう子もいるのです。
このような状況を打破するには、迷った時点で周りの友人や信頼出来る先生に相談する事が重要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る