迷いを打ち消すポイントについて

>

成績が優秀な場合なら

後継者問題も関係しています

親が社長の場合、次の後継者をなるべく早めに決めておくと言う所もあると思います。
特に、それが家族経営の場合だと早い内から会社に入れて経営のノウハウを学ばせるという事もあります。
しかし、親は自分の子が次の社長として相応しいと思って安心している人も多く、子供もきっと同じ気持ちでいると過信している場合もあります。
改めて、後継者問題について確認してみた時に考えに違いが生じる事もあるのです。

確かに、子供の中にも自分が会社を継ぐのが当たり前と思っている人もいて、そのような場合には迷わずに就職を選択するのですが、中には違う考えを持つ子もいるのです。
進学をして会社のためになる知識や資格を取得したり経営学についてきちんと学びたいと思う子もいます。
はっきりと意思表示をしたいのであれば一度親ときちんと後継者問題について話し合う事が大切です。

兄弟がいる場合について

一人っ子ではなく、上か下に兄弟や姉妹がいる場合にも後継者問題は意見が大きく周りとは分かれる事があります。
前の記事でも紹介したように、それが家族経営の会社だった場合に大きな問題になる事でしょう。
例えば、兄弟でどちらが経営に向いているか分からない事もあると思います。

そのような時にも進学が就職するべきかを親子で迷ってしまうケースもあるのです。
そんな時には、兄弟そろって進学させて経営学を学ばせたりして向き不向きを判断しても良いかもしれません。
それか、どちらか明確に才能が判断出来る場合にも知識をもっと学ばせたいのであれば、進学させて資格取得させても良いですし、すぐに能力を発揮出来るくらいの才能があるのであれば就職して即戦力として仕事をするべきだと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る